長周期地震動

防災科学技術研究所

長周期地震動に即時に対応するための
リアルタイム情報配信技術の開発

プロジェクト概要

南海トラフ地震や首都直下地震等の大地震時に発生する長周期地震動は高層ビル等の長大構造物を大きく長く揺らすことでエレベータ等に被害をもたらすが、現行の緊急地震速報はその即時予測に対応していない。本プロジェクトでは、長周期地震動に関するリアルタイム観測・予測情報をユーザーが効果的に利活用するための枠組みやそれを可能にするシステムの整備を官民で連携して推進する。

2018年度 成果

即時予測情報配信システムプロトタイプの開発

防災科研が開発した即時予測手法を実装し、現行の緊急地震速報と同様のタイミングで個別地点に対する長周期地震動の予測情報を配信。

長周期地震動の予測情報に関する実証実験の実施

気象庁の「多様なニーズに対応する予測情報検討WG」と連携し、計12機関に対しリアルタイム情報を配信。利活用する上での課題の抽出等を行った。

長周期地震動モニタを活用した実証実験の実施

長周期地震動に関するリアルタイム観測・予測情報を動画で配信する「長周期地震動モニタ」を用いた一般ユーザーを対象とした実証実験を実施。

活動記録