最新ニュース

▶︎ニュース一覧

令和2年度 第2回デ活シンポジウム オンライン開催を実施 2020 Data use and application council for resilience Symposium

今、改めて首都直下地震と向き合う ~観測データを相互利活用するための課題~

 本プロジェクトで進める防災科研の地震等の既存観測網と民間企業等のセンシングデータの統合活用については、技術的課題は解決しつつあるものの、相互利活用の仕組みの構築には、様々な課題が残っています。
 そのため、今回のシンポジウムでは、デ活会員や関連組織の事業継続計画(BCP)の改善、ひいては、社会全体のレジリエンスの向上に向けて、観測データを相互利活用するための課題とその対策について議論し、科学的根拠に基づく意思決定のためにデータ利活用が果たす意義・役割を考えます。

詳細なプログラムはコチラ▶︎プログラム(PDF)

日時:2020年10月5日(月)    15:00-16:50(14:45より中継開始)

事前申し込みは右のボタンから ログイン後にイベントリストからお申込みください。 (初めての方はアカウントを作成ください)

申込み

当日の中継は、コチラからも視聴いただけます。 YouTube|データ利活用協議会チャンネル ※過去に開催されたオンラインシンポジウムのアーカイブもご覧いただけます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係るBCP(事業継続)に関する調査結果 >>共同実施:リスク対策.com(株式会社 新建新聞社)

分科会&ワーキンググループ(WG)活動 Data use and application council for resilience Subcommittee & Working Group Activity

データ利活用協議会(デ活)では、首都圏のレジリエンス向上を目指し「産官学民からなるデータ利活用協議会活動」を続けています。デ活では、会員ニーズ別に分科会やワーキンググループ(WG)が設定され、それぞれの活動を元に、災害時の事業継続を議論を続けています。

分科会

WG(ワーキンググループ)

デ活シンポジウムData use and application council for resilience Symposium

デ活シンポジウムでは、テーマに合わせた最新の研究や活動の紹介や、デ活分科会やワーキンググループ(WG)の活動や成果の紹介、当日の登壇者でテーマに沿い、今後首都圏・日本のレジリエンス強化に向けて取り組むべき課題について、データ利活用協議会の活動を軸に議論いたします。

2020

令和2年度 第1回デ活シンポジウム COVID-19禍での事業継続体制における 「データ利活用の意義」とは何か 日時:2020年7月21日(火)15:00-17:00 オンライン開催

新型コロナウイルス感染症対策において、デ活会員や関連組織・団体は、事業継続体制の「構築期」から「維持期」に突入しています。 今回のシンポジウムでは、COVID-19禍での事業継続体制の維持に制約がある中、社会経済活動の中枢となる首都圏を中心とした災害リスクを改めて捉え直し、レジリエンス力向上のために、データ利活用が果たす意義・役割を考えます。

2019 -企業も強くなる首都圏も強くなる-

令和元年度 第1回デ活シンポジウム 企業も強くなる 首都圏も強くなる 〜テーマ別分科会の挑戦〜 日時:2019年7月19日(金)14:00-17:00 会場:都道府県会館1F 101大会議室

データ利活用協議会(デ活)では、首都圏のレジリエンス向上を目指し「産官学民からなるデータ利活用協議会活動」を続けています。デ活では、会員ニーズ別に分科会が設定され、今回のシンポジウムは、その活動を軸に、災害時の事業継続を議論します。

令和元年度 第2回デ活シンポジウム 企業も強くなる 首都圏も強くなる ~住民や従業員・職員の安全力を高める~ 日時:2019年9月24日(火)14:00-17:00 会場:都道府県会館1F 101大会議室

産官学民からなるデータ利活用協議会(デ活)では、首都圏のレジリエンス向上を目指し、会員ニーズ別に分科会が設定されています。今回のシンポジウムは、2つの分科会を軸に、住民や従業員・職員の安全力を高める枠組みと事例について議論します。

令和元年度 第3回デ活シンポジウム 企業も強くなる 首都圏も強くなる ~首都圏を襲う台風災害の  怖さを改めて学ぶる~ 日時:2019年12月16日(月)14:00-17:00 会場:都道府県会館1F 101大会議室

本シンポジウムでは、日本を立て続けに襲った台風等を、全国に広く長期的な影響を及ぼした同時多発広域災害ととらえ、今回防災科研が中心となって行った災害対応や活動を紹介し、今後首都圏・日本のレジリエンス強化に向けて取り組むべき課題について、データ利活用協議会の活動を軸に議論いたします。

令和元年度 成果報告会 企業も強くなる 首都圏も強くなる データ利活用力向上のため 「励むべきこと」は何か 日時:2020年2月28日(金)13:30-17:00 会場:東京大学 伊藤謝恩ホール

「首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」では、産官学民からなる「データ利活用協議会」を核とした、防災ビッグ・データ利活用の更なる深化・拡大に向けて、今年度からは会員ニーズ別の課題に基づいた分科会を立ち上げ、社会実装に向けた活動を開始いたしました。本シンポジウムでは、この1年間の活動成果を共有し、今後の取り組みについて議論いたします。

2018

平成30年度 第1回デ活シンポジウム レジリエンス力を高めるフレームワーク  ―企業・自治体の取り組みに学ぶ― 日時:2018年6月22日(金)10:00-12:10 会場:全国町村会館 2階ホール

初回シンポジウムにおきましては、改めて、プロジェクトの目標である「社会のレジリエンスの向上」そのものをテーマとし、「レジリエンスの向上」を企業・組織戦略の柱とされている企業・自治体の皆様からご登壇いただき、皆様と考える機会を持ち、デ活において実現すべき社会目標について、共有します。

平成30年度 第2回デ活シンポジウム マルチデータインテグレーション システムによる首都圏の 詳細な地震動の把握に向けて 日時:2018年9月19日(水)10:00-12:10 会場:全国町村会館 2階ホール

第2回シンポジウムにおきましては、官民の各組織で実施している様々な地震動観測の体制とその利活用について登壇者の方からご紹介いただくとともに、それらのデータを統合することで首都圏における詳細な地震動の把握を実現するために開発を進めるマルチデータインテグレーションシステムについて議論します。

平成30年度 第3回デ活シンポジウム 災害拠点となる建物に要求される耐震性能 日時:2018年12月5日(水)10:00-12:10 会場:全国町村会館 2階ホール

第3回シンポジウムにおきましては、これまでの構造・非構造材を含めた災害拠点建物の地震被害と新しい災害拠点建物の設計ガイドラインについて登壇者の方からご紹介いただくとともに、災害拠点建物が大地震発生後にも継続して使用することができるために保有すべき性能と応答モニタリング技術の可能性について議論します。

平成30年度 成果報告会 首都圏のレジリエンス力向上のため 『励むべきこと』は何か 日時:2019年2月28日(木)13:30-17:30 会場:東京大学 伊藤謝恩ホール

首都直下地震の被害をどう捉え、何に励むか。 首都直下地震の被害想定を内閣府政策統括官として担当した日原洋文氏と首都圏レジリエンスプロジェクトでCSVの確立を目指す平田 直センター長から、元TBSキャスターの下村健一氏が引き出す。

2017

発足会・記念シンポジウム 首都圏レジリエンスプロジェクト ・データ利活用協議会 発足会・記念シンポジウム 日時:2017年6月23日(金)13:30-17:15 会場:時事通信ホール

xo

「首都圏レジリエンス」プロジェクトの一環として、防災分野における企業・組織の課題解決、事業 継続能力の向上に資することを目的とした「データ利活用協議会」が始動することとなり、これに 合わせた発足会・記念シンポジウムを開催する運びとなりました。

平成29年度 第2回デ活シンポジウム 企業が進める首都圏レジリエンス向上の試み 日時:2017年9月19日(火)10:00-12:00 会場:経団連ホール南

第2回シンポジウムにおきましては、デ活の活動現状を共有しながら、デ活へ参画いただいた、また参画を視野に入れていただいている企業の皆様と研究者がそれぞれの組織が取り組む災害・防災研究・対策について、共有する機会を持ちたいと存じます。

平成29年度 第3回デ活シンポジウム データ利活用が目指す3つの先進技術 日時:2018年1月16日(火)10:00-12:00 会場:銀座フェニックスプラザ2F    フェニックスホール

第3回シンポジウムでは、本プロジェクトが目指す「産官学民連携のデータ利活用」によって描かれる将来像を「データ利活用が目指す3つの先進技術」と題してご紹介し、レジリエンス向上に向けた最新の動向を共有する機会を持ちたいと存じます。

平成29年度 成果報告会 ~データ利活用が紡ぐ新たな価値の創造~ 日時:2018年3月1日(木)13:00-17:00 会場:経団連会館2階 国際会議場

「データ利活用が紡ぐ新たな価値の創造」と題し、デ活サブプロジェクト(a)~(c)の研究者が、それそぞれの今年度の活動成果を発表したほか、昨年発表した「MOWLAS」(陸海統合観測網)など本年度の首都圏レジリエンスプロジェクトの注目研究について報告します。