保険調査

MS&AD インターリスク総研(株)

早期復旧に貢献するための詳細な被害想定による
リスクや被害状況の定量化のニーズに基づく研究開発

プロジェクト概要

損害保険業界で活用されている既存の地震リスク評価モデルを対象に、産学官民が保有するデータを組み込むためのインターフェースを開発する。また、過去の保険損失データとの比較による精度検証をとおしてモデルの高度化・精緻化を図り、国内はもとより世界の損害保険元受会社や再保険会社、保険リスクコンサルティング会社に広くモデルやデータ活用技術を普及させて社会実装化を実現する。

2018年度 成果

各種データ仕様のカタログ化

産学官民が保有するハザード・脆弱性・資産に関するデータを調査、 分析し、データ仕様カタログを作成

様々な機関が保有するデータとその仕様を一覧化することで、それぞれの内容を容易に把握可能

保険データの収集

損害保険関連機関が保有する保険データの開示可否を調査し、開示可能なデータを報告

従来から保険業界として整備しているデータに加え、直近の災害に対する取組みを追加

大阪北部地震の保険損失額推定

損害保険業界で現在使用されているモデルによる大阪北部地震の保険損失額推定を実施し、現状のモデル精度を確認

実際の保険損害額との比較に加え、収集した各種データや保険データとの突合せにより、既存モデルの課題を検討

活動記録