デ活ページへリンク
foRページへリンク

News & Archives

令和元年度 第2回デ活シンポジウム「企業も強くなる 首都圏も強くなる ~テーマ別分科会の挑戦~」 HTML

プログラム

13:30
開場
14:00

あいさつ   文部科学省

       平田 直(防災科研 首都圏レジリエンスプロジェクト 総括)

第1部基調講演 -先進的な枠組みとその事例- 住民や従業員・職員の安全力を高める
14:10

「災害対応力向上に向けた日本防災産業会議の試み」

永田 茂(防災科研 南海トラフ海底地震津波観測網整備推進本部 調査役/元 日本防災産業会議)

14:40

「東京都被災者生活再建支援システム利用協議会 の活動」

榎園 弘(東京都 総務局 防災対策担当部長)

第2部分科会の取り組み紹介

データ利活用協議会では、首都圏レジリエンス向上のために、会員ニーズ別の課題に基づいた分科会を設定し、活動を実施しています。

15:10

建物付帯設備分科会

 

「建物付帯設備分科会の活動とEーディフェンス実験」

楠 浩一(東京大学地震研究所 教授)

「感震ブレーカーデータの利活用可能性について」

鈴木 宏(日東工業株式会社 開発本部 新規開発部 部長)

15:35

生活再建分科会

 

「被災者の迅速な生活再建支援業務実現に向けたマネジメントツールの開発と実装」

井ノ口 宗成(富山大学 都市デザイン学部 准教授)

「新潟・山形地震における村上市の対応と分科会支援活動の実際」

渡辺 真吾(村上市 税務課資産税係 主査)

16:00
休憩
第3部パネルディスカッション
16:10

「企業も強くなる 首都圏も強くなる ~住民や従業員・職員の安全力を高める~」

モデレーター :下村 健一(令和メディア研究所主宰 / 白鴎大学 特任教授 / 元 TBS キャスター)
パネリスト  :永田 茂(防災科研 南海トラフ海底地震津波観測網整備推進本部 調査役 / 元 日本防災産業会議)
        榎園 弘(東京都 総務局 防災対策担当部長)
        平田 直(防災科研 首都圏レジリエンスプロジェクト 総括) / 第 2 部の登壇者

16:50

あいさつ

※プログラムは事情により、変更になる場合がございます。予めご了承願います。

会場へのアクセス

公益財団法人
都道府県会館(101大会議室)

住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目6-3

TEL:03-5212-9140(代表)

公式ウェブサイト: https://www.tkai.jp/

地下鉄 東京メトロ

有楽町線・半蔵門線 「永田町駅」5番出口より地下連絡通路を経て徒歩約1分
南北線 「永田町駅」9番b出口より地下連絡通路を経て徒歩約1分(地下1階出入口)
丸の内線・銀座線 「赤坂見附駅」D番出口より青山通り(国道246号)を上がり徒歩約5分(1階出入口)

マップ
https://goo.gl/maps/w5h85FYd51Gas9mf9

© 2017 Data use and application council for Resilience - Tokyo Metropolitan Resilience Project